HAIR MAGAZINE

現役美容師が「髪や美容の知識・雑学」を解説。

美容

美容室と雑誌と美容師


こんにちは。京都精華町の美容室Surpassの三輪です。
以前にowndで書いてたブログのリメイクです。

美容室と切っても切り離せない物って、色々ありますが中でもコレは何処の美容室でも必ずあります。

雑誌

そう雑誌です。カラーやパーマの待ち時間に必要不可欠な雑誌。最近ではスマホを見るお客様も増えたので、サロンでもあまり雑誌は読まない方も多くなりました。時代ですね。それでも雑誌は人気あります。特に『家庭画報』と『モーターマガジン』は不動の人気です。
まぁ。この2冊は少しお高めな雑誌です。
家庭画報は空き時間に私も目を通します。全然世界が違うので、自分の生活の参考にはなりませんが。『本当に良い物を知る。』意味では最高の雑誌です。

あとは、ELLEですね。どこの雑誌とも被らないハイファションとカルチャーが、知らない世界を教えてくれます。


お客様を知る。見る。そこから雑誌を選ぶ大切さ

さてこの雑誌がなかなかの考えさせられます。サーパスでは、来店前からセット面に事前に雑誌を3冊並べて、お客様をお出迎えしています。この雑誌選びが、ドキドキする時があります。(雑誌にときめいてる訳じゃ無いですよ)
自分がお客様だったら。正直。

検討違いの雑誌を持って来られても困るだけ。

趣味、思考に合わない雑誌を持って来られても困るだけ。

ましてや、年齢に合わない雑誌を持って来られても困る‼︎わけで。
「何故これなのっ?」「何基準⁇」「私の何処を見てこれなの?」とか、なるでしょう!
常連の顧客の方なら、直ぐに好みや会話から察知して雑誌を選べますが。数回の来店のお客様が、一番。ドキドキする訳です。
ここで、美容師側のセンスが問われます。接客もセンスです。

お客様のお持ちのバックや時計や小物。服装。趣味や興味のある物。前回の会話。いろんな物を総合的に考えて、雑誌を選ぶ必要が出てきます!コレが、ピッタリ合えば、次にスタッフとの情報の共有でしょう。

「アレッ!いつもならこの雑誌を持ってきてくれるのに。今日は、違うスタッフが持ってきたから違う!」

そんな事になっては、残念過ぎです!店全体が一人のお客様を理解しなくてはいけませね。

雑誌を読むお客様を観察する。と色々見えてくる。

「こちらの雑誌をどうぞ。」で終わりではありません。お客様が雑誌を読んでる姿を見ると、色々見えてきます。お客様の情報や心理を読み取る事も出来ます。

パラパラとサッサッと読まれてる感じなら。『その雑紙に興味が無い。』『以前読んだ。』『既に購入してる。』かもしれません。
こういう時は何冊な雑誌をお持ちして、その中からお客様御自身に選んでもらうのも良いですね。

ジーッと見てるページは何なんだろうか??温泉のページなら近い内に旅行でも行かれるのか?温泉が好きなのかなぁ??とか、
ヘアスタイルのページならスタイルチェンジを考えてるのか?髪の事で何か悩んでるのか?とか。色々気付く所があります。

たかが、雑誌!されど、雑誌!

恐るべし!

では、

see you‼︎


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA